開催まであと

「レッドカップ for アフリカ」でアフリカの学校給食を支援!〜参加企業が売り上げの一部を寄付〜

認定NPO法人 国連WFP協会(横浜市)は、8月末に横浜で開催される「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」の機会をとらえて、横浜市との共催により、皆様が日常生活の中でアフリカ支援やSDGs達成に貢献できる取り組みを展開し、その一つとして「レッドカップ for AFRICA」を8月31日(金)まで実施します。
これは、国連WFPを支援する企業や店舗が、売り上げの一部が寄付となる商品を展開し、寄付を集める事業です。
ご寄付は、国連WFPのアフリカ地域における学校給食支援に役立てられます。

「レッドカップ for AFRICA」参加企業の商品

国連WFPとは

飢餓をなくすことを使命に活動する、国連唯一の食料支援機関です。災害や紛争時の緊急支援、栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、毎年80か国で約9,000万人に食料支援を行っています。

認定NPO法人 国連WFP協会とは

国連WFPを支援する認定NPOで、日本における国連WFPの公式支援窓口です。募金活動のほか、企業・団体との連携、広報を通じて、日本における支援の輪を広げています。