世界食料デーキャンペーン2019 Zero Hunger Challenge for AFRICA食品ロス×飢餓ゼロ

◆キャンペーン実施期間:2019年8月1日~10月31日
◆寄付協力企業募集期間:2019年4月1日~6月28日 7月12日まで延長

「食品ロス」と「飢餓」という2つの食料問題及び、SDGsへの理解促進キャンペーンです。本事業では食品ロス削減の取組を通じ「寄付」ができる仕組みを2つ設け、飢餓ゼロへの支援に気軽に参加していただくことを目指しています。キャンペーンを通じたご寄付は、国連WFPのアフリカ地域における学校給食支援に役立てられます。

【仕組み①】食べて参加!ゼロハンガーメニュー

野菜の切れ端や皮等、食品ロスになりがちな食材を使ったメニューを、レストランで提供。対象メニューの売り上げの一部を寄付いただきます。レストランは食品ロスを減らすことができ、お店に訪れた人たちも楽しみながら「飢餓ゼロ」に向けたアクションに参加できます。

【仕組み②】投稿して参加!ゼロハンガーレシピ

寄付協力企業のご寄付により、市民の皆さんが、食品ロスになりがちな食材を使った料理の写真をSNSに投稿すると、1投稿につき120円(学校給食4日分)が寄付されます。本キャンペーンには、多くの著名人や料理家、インフルエンサーの方々にもご協力いただき、拡散を目指します。

詳細は企画書をご覧ください。
企画書(PDF形式 3.3MB)

【協力企業申込・問合せ先】
特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会(認定NPO法人国連WFP協会)
企業担当
電話:045-221-2515
FAX:045-221-2534
Eメール:kigyo@jawfp.org