お知らせ

都筑・ボツワナ交流児童画展

2019年8月27日(火)~30日(金)、パシフィコ横浜展示ホールで「都筑・ボツワナ交流児童画展」が実施されました。同児童画展は2008年の第4回アフリカ開発会議横浜開催をきっかけにボツワナ共和国のベン・テマ小学校と茅ケ崎小学校(都筑区)の生徒達が絵でお互いの国を紹介するもので、毎年ボツワナと横浜市内で開催。今年は第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の公式サイドイベントとして、ベン・テマ小学校から送られた過去5年間の作品が展示されました。

子どもの視点で素直に描かれた絵は「日曜日に教会に行く」「収穫を運ぶ人々」「密猟者に殺されたサイ」などの作品名とともに文化や環境、日常の生活が感じられ、立ち止まって一枚一枚熱心に見ている人が多く見られました。