お知らせ

横浜音祭り2019「街に広がる音プロジェクト」

イベントや行事のない日曜日は「マグカル開放区」として音楽やダンスなど、誰でも自由に参加できる県庁前の日本大通り。2019年8月25日(日)のマグカル開放区には、アフリカ開発会議(TICAD7)に向けて「横浜音祭り2019」と連携したアフリカンミュージックステージが開催されました。

Mamadou doumbia & Friends(ママドゥ・ドゥンビア アンド フレンズ)によるアフリカの伝統楽器の音色が響き渡る中、観客は通りに設置されたガーデンテーブルに腰を下ろしたり、木陰で涼みながらリズムをとったりと、次々に演奏されるアフリカ音楽に盛大な拍手を送りました。また、ステージ隣に設置されたTICAD7のPRブースでは、TICAD付箋やボールペン、缶バッジ等を配布し、翌週8月28日(水)より開催されるアフリカ開発会議をPRしました。